Amazonマーケットプレイスで購入すると出品者が購入者の個人情報(氏名・住所)をずっと閲覧できるのは問題がある

Amazonマーケットプレイスで購入すると出品者が購入者の個人情報(氏名・住所)をずっと閲覧できるのは問題がある

👆 ブックマーク・シェア・あとで読む用など、登録しておくと便利です 😊

Amazonで商品を出品できるサービス「Amazonマーケットプレイス」を利用しています。

これは会社や業者だけでなく個人でも出品できて、自社の商品や購入して不要になった中古品などに自分で値段をつけて、Amazonの利用者に販売することができます。

この出品者のアカウントや出品情報・注文管理などを管理するのが「Amazonセラーセントラル」と言いますが、こちらで気になるアンケートを見つけました。

Amazonの個人情報についてのアンケート

amazon-personal-information

『Amazonはの出品者データと購入者のデータを安全に管理している』かというアンケートです。

これは気になっていたことだと思って、自分が出品した商品の注文履歴を見てみると、これまでに出品して注文・購入された商品の一覧を見ることができました。

私は2005年頃から利用しているのですが、その頃から今に至るまでの注文一覧が載っていました。もう10年以上前になるのですが、そんな前の情報が残っていることに驚きですね。さらに注文の内訳を見てみると、商品とその注文日時、そして購入者の氏名・住所が今でも閲覧できることに気が付きました。

Amazonとしては適切に情報を管理して残しているのだとは思いますが、これらの情報が永遠に見られるようになっているのは、個人情報保護の観点からどうなのかなと感じました。

Amazonは購入者のデータ(個人情報)を安全に管理しているのか?

Amazonのように大規模なショッピングサイトだと、その注文(購入)情報というのは個人の趣味・嗜好が読み取れることもあることから、とてもデリケートな個人情報と言えます。たとえば買って知られたら恥ずかしいアダルト商品などが挙げられるでしょう。

そういった商品・氏名・住所が紐づけされていて管理されていて、それがずっとAmazonのデータベースに残っていて、しかも出品者がずっと見ることができるのは、恐怖でしかありません。

私は個人でたまに出品する程度なので、情報の数はしれてますけれど、大量に出品する方は、大量の個人情報が蓄積されて、注文を過去に遡って閲覧できるようになりますし、それ自体もどうかなと思いますが、さらに、そういった方の出品者アカウントがもしも乗っ取られたとき、非常に怖くありませんか?

最近も、Amazonで出品者アカウントを乗っ取られて詐欺が横行するという問題がありましたよね。出品者アカウントが乗っ取られるということは、詐欺だけでなく、過去の分から今までの注文履歴という個人情報が流出する危険があるという問題もあるのです。

そもそも、この注文の詳細情報(商品・購入日時・氏名・住所)はこんなに10年以上も過去の分までずっと見られるようにする必要はあるのでしょうか?返品や場合によっては保証などの対応も考えられますから、ある程度の期間は残しておかないといけないのかもしれませんが、数年も過ぎたらもうその対応もありません。

よって、一定の期間を過ぎたら氏名・住所は出品者から見られなくしてほしいですね。古物営業法第18条では取引情報を3年間保存しなければならないとあるため、3年間が適切ではないでしょうか?

私のような、古物商・古物市場主にあたらず、かつ、小口出品者は1年間でもいいと思います。(Amazonマーケットプレイスは小口出品者と大口出品者の2種類あります。)

「No Buyer Name Provided」について

あと、注文情報のところに、『購入者に連絡する』というの項目があるのですが、通常その項目には「購入者の氏名」に購入者へメッセージを送るためのフォームへのリンクがはられています。

ところが、一部ですが、その項目が購入者の氏名ではなく「No Buyer Name Provided」と書かれたものがあることに気が付きました。これは推測なのですが、購入者がAmazonのアカウントを削除したときに、「No Buyer Name provided」と表示されるのではないでしょうか。しかし、その場合でも注文詳細を開くと、やはり氏名・住所も閲覧できるのです。

この推測が正しければですが、Amazonアカウントを削除しても注文(購入)履歴は残り、しかも出品者からは氏名・住所が閲覧されてしまうということですね。

「No Buyer Name Provided」は「購入者名が指定されていない」という意味ですが、注文詳細では氏名が見れてしまうという、もしかしてこれは不具合なんではないかと疑ってしまうような現象です。

税務上で必要なペイメント(支払い)やトランザクション(取引)のレポートは別途確認できるようになっています。そちらのレポートには氏名と住所は載っていません。

いろいろと書きましたが、以上のことからAmazonの今回のアンケート『Amazonはの出品者データと購入者のデータを安全に管理している』については「まったく同意しない」と回答せざるを得ませんね。また、このアンケートを通じて以上の問題点を指摘してみます。

あと、個人情報保護法とも照らし合わせて、主に保存期間について問題がないのか確認してみたいと思います。

スポンサーリンク

ここまで読んでくださりありがとうございます。

ブックマーク・シェアボタンをご利用ください😊

お気軽にフォローお願いします☺




トップへ戻る