YAMAHA 電子ピアノ P-115からプラスチックのノイズが!?意外な原因で簡単に直りました

YAMAHA 電子ピアノ P-115からプラスチックのノイズが!?意外な原因で簡単に直りました

👆 ブックマーク・シェア・あとで読む用など、登録しておくと便利です 😊

digital-piano-yamaha-p115

YAMAHAの電子ピアノP-115を使っていますが、いつの間にか鍵盤を弾いた時に「カチッ」というプラスチック音が鳴るようになってしまいました。

特定の音でプラスチック音が出るわけではなく、右手で弾く範囲で10回に1回ぐらいカチッとなります。

気になりだすと、ますます気になってピアノに集中できない……!

電子ピアノのノイズの原因は何だったのか

取扱説明書の困ったときはを見てみると、「現象:鍵盤を弾くと、機構音がカタカタ鳴る」というのが一番近く、それによると「原因と解決方法:この楽器の鍵盤機構は、ピアノの鍵盤機構をシミュレートして設計されています。ピアノの場合でも機構音は実際に出ているものです。異常ではありません。」とありました。

この機構音とはおそらく鍵盤を弾いたときに少しガタガタと鳴る音のことですね。今回は、ちょっと高めのカチッというプラスチック音が鳴っています。

電子ピアノの鍵盤の隙間から中に何か異物が入ったのかもしれないと、エアダスターを吹きかけてみたり、電子ピアノを初期化してみたり、いろいろと試しましたが直らず…。これは修理行きか?と思って、一度、ピアノを別の場所に置いておくことにしました。

何となくその別の場所でピアノを弾いてみると、ノイズがしない…だと!?

あれ?よく分からないが直ったのかなと、元の場所に戻して、電源やペダルのコードをつなげようとしたその時!!

ペダルのコードがスピーカー台に挟まってた!!

どうやらこれが何らかの不具合になっていたようでした。結構重い力がコードにかかっていたので、ペダル関係の接触がおかしなことになっていたのかもしれません。

まさか異音の原因がそこにあるとは想定外だったので、まったく別のところをいろいろと探ってしまいました。どちらかというと物理的な接触で異音が鳴っているかと思いきや、電気的な原因でしたね…。

電子ピアノに異音や不具合があったときは、まずはコード関係をしっかりと挿し直してから確認しようと思います。

しかし、楽器は一つの音でもおかしくなるともう台無しですね。今回は音自体はおかしくなかったのですが、そこに異音が一つ加わるだけで全く集中できないです。そういう意味では楽器は非常に繊細なので、大切に扱わないといけませんね。

スポンサーリンク

ここまで読んでくださりありがとうございます。

ブックマーク・シェアボタンをご利用ください😊

お気軽にフォローお願いします☺




トップへ戻る