樹齢1500年の根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)が見頃を迎えました

樹齢1500年の根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)が見頃を迎えました

モネの池郡上八幡城と続いて、岐阜県本巣市根尾にある「根尾谷淡墨桜(ねおだにうすずみざくら)」を見に来ました。

樹齢1500年とも言われる根尾谷淡墨桜、楽しみです。

なんだか岐阜県マニアになってきた気分… 😅

Wikipediaで調べると、『淡墨桜は蕾のときは薄いピンク、満開に至っては白色、散りぎわには特異の淡い墨色になり、淡墨桜の名はこの散りぎわの花びらの色にちなむ。』『日本五大桜または三大巨桜の1つであり…』とのこと。

これは期待!

では、場所はこちら!

根尾谷淡墨桜に行く途中に寄った道の駅「織部の里もとす」で本巣市の観光マップを撮りました。

neodani-usuzumi-sakura-1

北西にある能郷白山の方角へ少し走ると、だんだんと車が多くなってきました。渋滞はしていなかったですが、駐車場はどんどん埋まっていく!警備員の方が3人ぐらいおられて誘導していました。

淡墨桜への道は所狭しと屋台が並んでおり、人手も多く、お祭りのような雰囲気。

neodani-usuzumi-sakura-2 neodani-usuzumi-sakura-4

駐車場の端のところから、能郷白山が望めました。豪雪地帯だけあって、真っ白な雪に覆われておりました。

neodani-usuzumi-sakura-nougouhakusan

淡墨桜の前までくるとさらに賑やかになってきました。

neodani-usuzumi-sakura-5 neodani-usuzumi-sakura-7

そこに、淡墨桜の説明が刻まれた立派な石が!

「国指定天然記念物 根尾谷淡墨桜」
「樹高172m 枝張り東西23.9m 南北212m 幹周り9.1m」とにかくでかーい!

伝説として男大迹王(をほどのおおきみ・後の継体天皇)がこの地を去るにあたって植えられたという…。

その時の詩が「身の代と遺す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛へ止むる」
みのしろと のこすさくらは うすずみよ ちよにそのなを さかえとどむる

やだ・・・かっこいい///😚

「薄住」は「淡墨」の掛詞(かけことば)ですかね。

意訳すると「(あまり長くは居られなかったが、)私の代わりにこの地に遺す淡墨桜よ、長きにわたって大いに咲きその名前を残しておくれ」という感じでしょうか。(違ってたらごめんなさい)

neodani-usuzumi-sakura-6

そんな、かっけー(かっこいい)淡墨桜先輩がこちらです!

マジででかーーーーーーーーーーーい!

neodani-usuzumi-sakura-8

ちょっと引いた写真がこちら。

人もおおーーーい!😆😆

neodani-usuzumi-sakura-9

皆様も千代の淡墨桜先輩を一度その目で見に行ってみてください。

スポンサーリンク

ここまで読んでくださりありがとうございます。お役に立ちましたらシェアお願い致します。

お気軽にフォローお願いします☺

樹齢1500年の根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)が見頃を迎えました
この記事をお届けした
Curo.jpの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!