スマフォゲーム「2048」の次は「2048 City」をプレイすると新鮮!かもしれないです

スマフォゲーム「2048」の次は「2048 City」をプレイすると新鮮!かもしれないです

2048-num

「2048」というゲームをご存知でしょうか?

上の画面のように、4×4マスの盤に、数字のパネルが配置されています。

これをスワイプさせて、同じ数字を合体させて数字を増やし、最終的に2048のパネルを完成させたらクリアという、比較的簡単なゲームです。

2+2=4

4+4=8

8+8=16

16+16=32 …….

10241+1024=2048!のパネルを完成させるわけです。

誰が考え始めたのか、この2048がかなり流行して、2048のクローンや、2048の亜種版もかなりリリースされています。

で、最近、2048 Cityというアプリを見つけました。それがこちらです。

2048がグラフィック化!2048Cityとは

2048-city

いや~、この発想は意外となかったですね。

まさか、グラフィック化するとは…!

これが、なかなかおもしろいです。

数字だと分かりやすいのですが、味気ないといえば味気ない。

グラフィック化されることで、先がどうなるのかが気になって、ついついプレイしてしまいます。

文明のステージも分かれていて、グラフィックのパターンも変化するので、さらに先が気になってしまいます。

あと、「取り消し」「魔法の杖:対象のパネルを一段階成長させる」「クリーナー:低段階のパネルを一掃する」というアイテムがあって、ゲーム性が高くなっています。これらを購入することもできて、これが課金要素になっています。

グラフィック化したことで、それぞれのパネルの段階が把握しにくく、数字版の2048よりも難しく感じるので、これらのアイテムがちょうどよく機能していると思います。

ただ、アイテムを使っても打開できないことが多く、アイテムの数も限りがあるため、基本的には数字版の2048のように自力でプレイすることになりますね。

興味のある方は「2048 City」で検索してプレイしてみてくださいませ。

スポンサーリンク

ここまで読んでくださりありがとうございます。お役に立ちましたらシェアお願い致します。

お気軽にフォローお願いします☺

スマフォゲーム「2048」の次は「2048 City」をプレイすると新鮮!かもしれないです
この記事をお届けした
Curo.jpの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る