「ラビリンス:LABYRINTH」子どもも大人も楽しめる簡単ボードゲーム!

「ラビリンス:LABYRINTH」子どもも大人も楽しめる簡単ボードゲーム!

『動く迷路で宝探し』をするボードゲーム「ラビリンス」

スコットランドヤードなどで有名なドイツのRavensburger社発のボードゲームです。

ラビリンス:LABYRINTH 基本情報

ラビリンス:LABYRINTH
ジャンル ボードゲーム
プレイ人数 1~4人
プレイ時間 20~30分
対象年齢 8歳以上
作者 Max J.Kobbert
発売元 Ravensburger・河田
初版発売年 2004年

ラビリンス:LABYRINTH 解説

ゲームの目的はラビリンス(迷路)にある「宝物・生き物」をゲットすること。各プレイヤーは「宝物・生き物カード」に示された物を迷路を巧く動かしながら獲得していきます。

「迷路を動かす」というこのアナログ操作がデジタルゲームでは味わえない臨場感を際立たせます。

ラビリンスを動かすには、余っている迷路カード1枚を黄色の三角印のところのどこかに入れ込んでやります。自分が有利に動けるように、相手が不利になるように迷路の地形を変えます。

そして、入れてやったところの反対側の迷路カードが押し出されますが、これを次のプレイヤーがラビリンスを動かすために使います。

こうやって、ラビリンスの地形を変えた後は、自プレイヤーのコマを動かして目的の「宝物・生き物」を目指します。

1.カードに示された目的のお宝は「鍵」
labyrinth1

2.迷路を動かして、コマを移動し「鍵」ゲット!
labyrinth2

これを繰り返して、「宝物・生き物カード」を多く集めたプレイヤーが勝利です。

ラビリンス:LABYRINTH 攻略

3人以上のプレイになると、ラビリンスの動きがなかなか読めなくなってきます。ゲーム序盤は主に自分の「宝物」を獲得できるようにすればいいかと思います。相手プレイヤーの目的の宝物が分からないため、特に序盤は邪魔するのが難しいです。

ゲーム終盤は、相手の目的の宝物が読めてきたり、宝物を集め終えて出発地点(ラビリンスの四隅)へ戻ったりするため、邪魔しやすくなります。というか、出発地点へ戻られると、ゲームが終了し負けてしまうため、優先して邪魔せざるを得ません。

こういったプレイをすることにより、ゲームバランスが均衡して、誰がクリアするか分からないという展開になります。

まとめると、ラビリンスの動きを巧く読むことで相手プレイヤーを出し抜くという戦略が全てと言えるでしょう。

ラビリンス:LABYRINTH ルール・バリエーション

ラビリンスの説明書に「子供向きルール」や「上級者向きルール」が用意されていて、幅広い層のプレイヤーに対応できるかと思います。

他に自分で考えたルールを適用していくのも楽しそう。たとえば、1プレイにつき1回だけ迷路を2回動かすことができる…とか。

LABYRINTH(ラビリンス)総評

ゲームの目的が単純で、ラビリンスになじむのに時間はかかりません。ルールも易しくて、誰もが楽しめる作りになっていると思います。

そして、なんといっても、「ラビリンスを動かす」というこのアナログ感を是非体験していただきたい。アナログだけど、新鮮な気分になりますよ!デジタルゲームに慣れた方なら特にかも。

あと、子どもでも簡単に楽しめるところもポイントです。この前、小学生低学年の子どもとプレイしましたが、盤面自体が動くボードゲームは珍しく、かなり目を引いていました。子どもとやるときは、プレイ時間が長くなると飽きてしまうので、子供向きルールなど使うとよいでしょう。

値段も3,000円はいかない程度で、入手しやすいのもいいですね。

実際の値段は、Amazonなどのページを確認してみてください。

💡 参考

スポンサーリンク

ここまで読んでくださりありがとうございます。お役に立ちましたらシェアお願い致します。

お気軽にフォローお願いします☺

「ラビリンス:LABYRINTH」子どもも大人も楽しめる簡単ボードゲーム!
この記事をお届けした
Curo.jpの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!