年に一度の大セール!アマゾンプライムデー:6/21(月)00:00から6/22(火)23:59まで

ブロスタが通信エラーで重すぎたのでTP-LinkのWi-Fiルーター ARCHER AX10を導入!

スポンサーリンク
tplink-archer-ax10-1パソコン

ブロスタというスマホゲームをちょくちょくやっていますが、写真のような通信エラーによくなります。

こうなると、ブロスタの動作がカクカクしたり、操作不能になったりとまともにプレイはできません。

「ブロスタが重いんじゃ!」「サーバーを増強して!」「イキイキした毎日を送りたい!」ともんもんとしたブロスタライフを送っていたわけですが、ある日古くなったルーター(正確にはアクセスポイント)を交換してみたところ、ブロスタが快適になっているではありませんか!

えるたま
えるたま

ブロスタは悪くなかったんやね

ということで、今回導入したTP-LinkのWi-Fiルーター ARCHER AX10を紹介します。

AX10の後継機、TP-Link ARCHER AX20はこちら。

ルーターといえばNECのAterm(エーターム)やバッファローをよく聞きますが、TP-Linkってどうなの?という方に向けて、設定・使い心地などのレビューを載せています。

スポンサーリンク

TP-Link Wi-Fiルーター ARCHER AX10 レビュー

我が家のインターネット回線はNURO光で、回線の速度は特に問題ありません。

ブロスタが通信エラーを起こすのは、他に原因があるのかなと疑いはじめ、古くなったアクセスポイントを交換することにしました。

ルーターはNURO光から比較的新しい「EchoLife HG8045Q」がレンタルされているため、そちらは問題無さそうです。

しかし、自宅の2階で無線の電波を強くしたかったので、Wi-Fiアクセスポイントを設置しているのですが、これがもう10年選手で、通信のボトルネックとなっていたようです。

TP-Link ARCHER AX10は1.5 GHzトリプルコアCPU搭載で、ネットワーク内の遅延を抑えるという売りだったので、今回はこちらを選択!

はじめはTP-Linkというメーカーに聞き覚えがなかったため、若干不安でしたが、性能の割にコスパも良いため、なかなか良い買い物だったと思います。

製品に3年間もの長期保証も付いているので、不安と言ってもあまり心配はしていませんでしたが。

結果的にはブロスタのようなシューティングゲームでも遅延がほとんどなくなって大満足でした。

本当は、ルーターもARCHER AX10に置き換える予定でしたが、アクセスポイントとして使っても問題ありませんでした。

ルーターモードとアクセスポイントモードの切り替えは設定画面から簡単に選べます。

ちなみに、設定画面はブラウザから「http://tplinkwifi.net」にアクセスするだけでした。

すでに半年ぐらい使いましたが、切断等もなく安定して使えています。

また、最近は複数人でビデオチャットすることがありますが、そちらもめちゃめちゃ快適ですね。

ビデオチャットの他の参加者側の映像が乱れたりなど、通信の調子悪そうだと、「ふふ、ルーターが違うのだよルーターが」と悦に入ることができますw

TP-Link ARCHER AX10の外観はこんな感じで、縦置き型のルーターと比べると設置面積は大きいです。

アンテナも存在感はありますが、私は机の端に置いて、手前にディスプレイを置いているため、あまり目立たないですね。

TP-Link ARCHER AX20 (AX10の後継機種)

TP-Link Wi-Fiルーター ARCHER AX10の後継機種でARCHER AX20が発売されています。

値段はほとんど変わらないですが、1.5GhzクアッドコアCPU搭載のため、これから買われる方はこちらがおすすめです。

ネットゲーム・スマホゲーム・ビデオチャットなど快適にネット通信をしたい方にはCPUも重視でルータを選んでみるといいですね。

スポンサーリンク

ここまでお読みいただきありがとうございました😉

著者

分かりやすい文章を心がけて、IT系の解説・家電などのレビュー記事を書いています。
写真は飼い猫のえるたま

Curo.jp 更新情報
パソコン
下のボタンからこの記事をブックマーク・シェアできます。
Curo.jp 更新情報
Curo.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました