3.5インチ内蔵ハードディスクを外付けハードディスク化するケース

3.5インチ内蔵ハードディスクを外付けハードディスク化するケース

前回、2.5インチのハードディスクケースを紹介したので、今回は「3.5インチのハードディスクケース」も簡単に紹介しておきます。

前回の記事はこちらです。

ノートパソコンを廃棄する前に内蔵ハードディスクは取っておこう!ハードディスクケースを使えば再利用可能!
ノートパソコンを廃棄する前に内蔵ハードディスクは取っておこう!ハードディスクケースを使えば再利用可能!
ノートパソコンが古くなったり、故障したりして、いつかは廃棄をすることがあるかと思います。 そのとき、できたら内蔵のハードディスクは取り...

3.5インチの内蔵ハードディスクは主にデスクトップ用のハードディスクに使われています。

デスクトップパソコンにはいくつかハードディスクを収納できる3.5インチベイ(ドライブベイ)があります。

ハードディスクが余っていたら、その3.5インチベイに載せて、デスクトップパソコンで複数のハードディスクを使うということもできます。

ただ、空いているベイ全てにハードディスクを載せると電力も消費しますし、ケース内部の発熱量も上がって、あまり良くないのかなと思います。(2台ぐらいならいいのかな…)

ハードディスクの記憶容量が必要なら、細かい容量のハードディスクを何個も積むより、容量の多いハードディスクを1台にしたほうがよいでしょう。

そんなこんなで、自作パソコンなどしていると、余る内蔵ハードディスクも出てくるわけですが、3.5インチ用のハードディスクケースを使えば、これも外付けハードディスク化できます。

例によって、私が使っている3.5インチ用のハードディスクケース(玄人志向)を載せてみます。

3.5インチ用のハードディスクケース(玄人志向)の紹介

3.5-harddisk-case-1

外観はこんな感じです。

2.5インチのハードディスクケースと異なるのは、電源アダプタがついていることですね。

電源アダプタから電源を供給できるので、電力不足で動かないということはありません。安定した動作が期待できますね。

3.5-harddisk-case-2 3.5-harddisk-case-3

このケースは、ネジで固定するタイプなので、3.5インチ内蔵ハードディスクをケースに付けて何箇所かネジを留めれば完成です。

3.5-harddisk-case-4 3.5-harddisk-case-5

特に難しいところはなく、簡単にセッティングできます。

ケースの背面には、USBケーブルをつなげるところや、電源ON/OFFスイッチもついています。

3.5-harddisk-case-6 3.5-harddisk-case-7

パソコンとUSBケーブルでつなげて電源をいれると、緑のランプが点灯します。

内蔵3.5インチハードディスクは容量が多いので、私はテレビの録画用のハードディスクに使っています。特に問題なく安定して動作しています。余っている内蔵のハードディスクがあれば、なかなか良い使い道ですね。


GW3.5AA-SUP3/MB

玄人志向のUSB3.0対応の3.5インチハードディスクケースです。

筐体(きょうたい)は金属質で熱を逃してくれます。しっかりとした造りで、安っぽいということはありません。

3.5インチのハードディスクケースはだいたい2,000円前後と2.5インチのものよりも高めですが、電源アダプタ付いていたりや筐体の材質が良いので仕方ないですね
(´・ω・`)

スポンサーリンク

ここまで読んでくださりありがとうございます。お役に立ちましたらシェアお願い致します。

お気軽にフォローお願いします☺

3.5インチ内蔵ハードディスクを外付けハードディスク化するケース
この記事をお届けした
Curo.jpの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る