経由するだけで簡単お得!ネットショッピングなら楽天リーベイツで楽天スーパーポイント還元!

音楽CDを取り込んでMP3に変換!AndroidスマホやUSBメモリにMP3音楽を転送・コピー! [Windows10/8/7]

スポンサーリンク
import-music-cd-mp3 Android

音楽の記事をいくつか書きましたが、音楽CDをパソコンに取り込んでMP3に変換する方法をまとめておきます。

色々やり方はあるのですが、ひとまず一番簡単な方法を載せます。

今回はWindows10のノートパソコンを使用していますが、使用するソフト「Windows Media Player」はWindows7・Windows8にも標準で搭載されています。

Mac iTunesを使った音楽CDの取り込みや転送については別で書きました。MacやiPhone/iPadをお使いの方は参考にどうぞ。

Mac iTunesで音楽CDをMP3など音楽データに変換!iPhoneなどスマホやUSBメモリに転送して外で聴く方法
今回はAppleのMacで音楽CDをMP3に変換して、iPhone・iPad、USBメモリ・SDカードなどに転送して、音楽データを持ち出す方法を書いていきます...

スポンサーリンク

音楽CDをCDドライブにセット

まずは、音楽CDをCDドライブにセットします。

import-music-cd-mp3

もし、CDドライブがないパソコンをお持ちであれば、外付けのCD(DVD)ドライブを用意する必要があります。

Windows Media Playerを起動

windows10-windows-media-player-1

Windows10のスタートボタンから「Windows Media Player(ウィンドウズ・メディア・プレイヤー)」を起動しましょう。

Windowsに標準で搭載されている音楽ソフトなので、手軽に使うことができますね。

「ここに入力して検索」のところに、[media player]などと入力すると探しやすいと思います。

音楽CDを取り込むときの、音楽形式と音質を決める

windows10-windows-media-player-2

ドライブにセットした音楽CDが認識されていると、その音楽CDのタイトルやアーティスト名などが表示されています。

(※インターネットに接続されていないと、CDの情報は表示されません。)

[取り込みの設定]ボタンをクリックすると、下側にメニューが出ます。

<img src="https://curo.jp/wp-content/uploads/2017/12/windows10-windows-media-player-2.jpg" alt="windows10-windows-media-player-2" width="611" height="304" class="alignnone size-full wp-image-3319" />

メニューの中に[形式]とあるので、マウスカーソルを当てると、さらにメニューが出ます。

音楽形式の種類は、Windows Media オーディオ(WMA)・MP3・WAV・ALAC・FLACと選べます。

今回は、AndroidスマホやUSBメモリプレイヤー・カーオーディオなどで利用することを想定して、「MP3」を選択します。

windows10-windows-media-player-4

次に、音質を決めます。メニューの中の[音質]にマウスカーソルを当てて、選びましょう。

MP3の音質は主にビットレートで決まります。

ここでは、128Kbps(最小サイズ)・192Kbps・256Kbps・320Kbps(最高音質)から選べます。

数字が大きいほど、高音質になります。が、その分データの容量も大きくなります。

これは、好みにもよるのですが、最近は保存できるデータ容量が増えてきたため、容量はあまり気にせず、256Kbpsや320Kbpsを選択しておいてよいかと思います。

ここでは256Kbpsを選択しました。

準備ができたら音楽CDを取り込む

windows10-windows-media-player-5

[CDの取り込み]ボタンをクリックして、音楽CDをMP3に変換して取り込みましょう。

windows10-windows-media-player-6

「取り込みオプション」の画面が出ますが、これは取り込んだ音楽にコピー防止機能をつけるかつけないかを決めることができます。

今回は個人での使用を想定しているため、[取り込んだ音楽にコピー防止を追加しない]を選択します。

その下の著作権とその責任ついて確認し、チェック欄をクリックします。

こうしておかないと、取り込んだ音楽が対応したプレイヤーでないと再生できないことになるため、この画面は飛ばさずチェックしてください。

windows10-windows-media-player-7

取り込みが始まると、「取り込んでいます…」と進捗状況が緑のバーで表示されます。

全ての曲が取り込み終わるまでしばし待ちましょう。

パソコンの性能にもよりますが、アルバム1枚5分程度あれば取り込めるかと思います。

パソコンに取り込んだ音楽(MP3)フォルダの場所を確認する

無事に取り込み終わると、Windows Media Playerのライブラリに登録されて、そのパソコンでいつでも取り込んだ音楽を聴くことができます。

音楽CDはドライブから取り外しても大丈夫です。

それでは、取り込んだ音楽(MP3)の場所を確認しておきましょう。

windows10-windows-media-player-9

①[エクスプローラー]をクリックして開いて、②[PC]をクリックすると、③[ミュージック]フォルダがあるので、ダブルクリックして開きましょう。

windows10-windows-media-player-10

今回は、GLAYのアルバムを取り込みましたが、無事にありました。

アーティスト別にフォルダが分かれて、さらにその中にアルバムごとに取り込んだ音楽(MP3)が保存されています。

取り込んだ音楽(MP3)をUSBメモリやSDカードにコピーする

取り込んだ音楽は個人の使用範囲内で自由に持ち運びできます。

ここでは、USBメモリにパソコンに取り付けて、そちらにMP3をコピーしてみましょう。

car-audio-usb-memory-2

USBメモリをパソコンに差します。

パソコン側で正しくUSBメモリを認識すると、[デバイスとドライブ]の欄に表示されます。

もし、表示されない場合は、USBメモリを差し直してください。

windows10-usb-memory-explorer

①[エクスプローラー]をクリックして開いて、②[PC]をクリックすると、[USBメモリ]が表示されているかと思います。

ここでは、[USBメモリ]と表示されていますが、お使いのUSBメモリによって、この名前は変わります。お使いのUSBメモリの容量を参考にお探しになるとよいでしょう。

今回であれば、16GBのUSBメモリを使用したので、空き領域が14.5GBとなっています。

(システム上、実際の容量数字よりも、少なめに表示されます。)

USBメモリのファイルシステムをFAT32でクイックフォーマットする

USBメモリやSDカードなどの音楽を再生する場合、ファイルシステムがFAT32でないと、再生できないことがあるため、フォーマット(初期化)のやり方を記しておきます。

フォーマットをすると、データはすべて消去されますので、必要なデータが入っている場合は、先に別の場所へ保存してください。

windows10-usb-memory-format

①[USBメモリ]のアイコンあたりで右クリックをすると、メニューが表示されます。

メニューの中の②[フォーマット]をクリックします。

windows10-usb-memory-format-fat32

フォーマットの画面が表示されます。

①[ファイルシステムをFAT32]にします。

②[クイックフォーマット]をクリックしてチェックを入れます。

③[開始]をクリックします。

windows10-usb-memory-format-warning

警告が出ますが、問題なければ[OK]をクリックします。

windows10-usb-memory-format-complete

数秒から数十秒で完了の画面が表示されるので、[OK]をクリックすればフォーマット完了です。

転送したい音楽をコピー&貼り付けする

USBメモリの準備ができたら、転送したい音楽をコピーしましょう。

今回は、先程取り込んだ、GLAYのアルバムをコピーします。

[ミュージック]フォルダを開きます。

windows10-windows-media-player-9

①[エクスプローラー]をクリックして開いて、②[PC]をクリックすると、③[ミュージック]フォルダがあるので、ダブルクリックして開きましょう。

windows10-windows-media-player-11

コピーしたいアーティストまたはアルバムフォルダの上で右クリックします。

複数のフォルダをまとめて選択したい場合は、マウスでドラッグして複数選択してから右クリックしてください。

windows10-music-folder-copy

メニューが表示されるので、[コピー]をクリックします。

ちなみに、[切り取り]をすると、後で[貼り付け]をしたときに、元の音楽データは消えてしまいます。

パソコン側にも音楽を残しておきたい場合は、[コピー]を選択するようにしてください。

次に、USBメモリにコピーした音楽データを[貼り付け]します。

このとき、なるべく、他の作業はせずにすぐに貼り付けしたほうが良いです。

(他の作業をしているうちに、コピーが無効になることがあります。)

windows10-usb-memory-explorer-2

[PC]の中のUSBメモリの画面に戻って、USBメモリのアイコンの上でダブルクリックします。

windows10-music-folder-paste

USBメモリの中が表示されますが、まだ空っぽなので何も表示されていません。

①何もない白いところを右クリックすると、メニューが表示されます。

②[貼り付け]をクリックすると、先ほどコピーした音楽データがここに貼り付けされます。

貼り付けがクリックできない場合は、コピーが無効になっているので、コピーするところからやり直してみてください。

アルバム1枚分ぐらいでしたら、数秒でコピーできると思います。

USBメモリへの転送方法は以上です。お疲れさまでした。

SDカードの場合も、作業内容はほぼ同じなので割愛させていただきます。

SDカードをとりつけるスロットがパソコンになければ、以下のカードリーダ・ライタなどご使用になるとよいでしょう。

その他取り込んだ音楽の活用方法

最近の車では、USBメモリに音楽(MP3)をコピーしてカーオーディオで聴くことができます。

USBメモリをカーオーディオで実際に再生してみたときの記事は以下からご覧ください。

おすすめのUSBメモリなども書いています。

車で音楽!カーオーディオ用にUSBメモリを使ってみたらすごく便利だった件
車のカーナビ・オーディオシステムに音楽用のハードディスクが搭載されているのですが、40GBを使い切ってしまったようで、新たに録音ができなくなってしまいました。...

他にもAndroidスマートフォン(HUAWEI P10 Lite)に音楽(MP3)を転送して、外で音楽を聴いたり、サウンドバーにBluetooth無線転送をしたりしています。

Android(HUAWEI P10 Lite)への音楽の転送の仕方は以下を参考にしてみてください。

Android (HUAWEI P10 Lite) に音楽ファイルを転送して再生!microSDカードもOK!
音楽のファイルについて話が続きますが、ついでなので手持ちのAndroid スマートフォン (HUAWEI P10 Lite)でも音楽ファイルの転送と再生を確認し...

また、作成したMP3をGoogle Play Musicにアップロードしておくとクラウド管理できて便利なので、もし興味のある方は以下の記事を参考にしてみてください(中~上級者向け)。

Google Play Music無料版でできる手持ち音源アップロードとクラウド音楽管理+Google Home Miniとの連携と音声操作がもはや新世界!
前回の記事の続きです。 まずは以下のGoogle Play Musicの利用イメージの図解を見て欲しい。

近頃は、昔のカセットやMDのような録音はなくなって、パソコンで音楽を管理することが当たり前になってきていますね。

CDドライブのあるパソコンがあると、以上のようなことができて便利です。これぐらいの音楽管理なら、安いパソコンでも十分実用的に使えるので、お持ちでなければ購入を検討してみてもいいかもしれませんね。

最近のノートパソコンは軽量化が進められているため、ドライブが付属していないノートパソコンの方が主流なので、外付けCD/DVDドライブを揃えておくと以上の音楽の取り込み・管理ができて便利です。

スマホ(Androidのみ)に直接音楽を取り込みたい場合は以下の外付けドライブが良さそうですね。

「パソコン持ってないよ」「ちょっと難しそうかも」という方は、以下の記事も参考にしてください。

コメント

  1. やみいち より:

    とても分かりやすかったです!

  2. 矢野 昭 より:

    涙が出るほどわかりやすくて感謝しています。とてもうれしいです。ありがとうございます。microSDカード(16GB)にコピーするやり方、USBメモリーに取り込む方法が知りたい!!

  3. いわさきゆうこ より:

    既に取り込んである音楽は、MP3に変換する事は不可能なんでしょうか?
    初心者ですみません、宜しくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました