HUAWEI P10 Lite [2017]を1ヶ月使ってみて改めてコスパの高さに驚いている

HUAWEI P10 Lite [2017]を1ヶ月使ってみて改めてコスパの高さに驚いている

👆 ブックマーク・シェア・あとで読む用など、登録しておくと便利です 😊

先月、購入したAndroidスマフォ「HUAWEI P10 Lite」ですが、導入からベンチマークを測ったりしつつ使用して1ヶ月が経ちました。

HUAWEI P10 Lite [2017] が到着!開封して保護フィルム・ケース・0SIMを装着!
HUAWEI P10 Lite [2017] が到着!開封して保護フィルム・ケース・0SIMを装着!
注文していたスマートフォン「HUAWEI P10 Lite」が到着しました! 早速開封して、保護フィルム・ケース・SIMカード(0SI...
HUAWEI P10 Lite [2017]のベンチマークをチェック!メモリはDDR3?DDR4?
HUAWEI P10 Lite [2017]のベンチマークをチェック!メモリはDDR3?DDR4?
「Geekbench 4.1.0」というアプリで「HUAWEI P10 Lite 」のベンチマークを計測しました! あとHUAWEI ...

今のところ、HUAWEI P10 Liteで不足していると感じることが本当に無くて、確かなコストパフォーマンスの高さを感じています。

P10 lite + 0SIM + IP-Phone SMARTでの0円運用がスムーズ

前にも少し書きましたが、HUAWEI P10 Liteで0SIMのデータ専用SIMを使っています。

P10 liteでSIMのON/OFFが簡単にできて、モバイルデータ通信の管理など思い通りの運用ができています。

0SIMは月500MBまでは月額0円で使用できます。たとえば、月に450MBを越えたら通信ストップなどと決めることができて、安心して0SIM運用ができています。

0SIMは遅すぎるという話もチラホラ聞きますが、私は外でLINEやちょっとしたネット検索ぐらいしか使わないので、あまり問題を感じません。都心部で0SIMを使うことも少ないので、速度も極端に遅いということはないですね。

地図を頻繁に見たり、ゲームでオンライン通信をしたり、写真をツイッターやインスタにアップロードする場合は、遅さを感じると思います。

そういった操作をするときはWi-Fiを使っています。あまり外でモバイル通信をしない方、自宅のWi-Fiと上手く使い分けられる方は0SIMはお勧めですね。

0SIMの初期費用は3,666円(登録事務手数料3,000円+SIMカード準備料294円+消費税272円)でした。

IP-Phone SMARTはほとんど待ち受け用で、LINEのメッセージでだいたい事足りますから、とりあえずはこれで十分です。

音節通話を重視するなら、ガラケーと0SIMスマフォを併用するのもアリかと思います。電話しながらスマフォで使用見たりなどできて便利そうですね。

iPhoneでできたことが大体Androidでもできる

iPhoneで使っていたアプリですが、ほとんどAndroid用のアプリがあって、問題なく移行できました。

iPhone(iOS)で有料で購入したアプリ(辞書・ゲーム・事務系ツール)はもちろん移せないのですが、そちらはiPad Proに引き継いだので、一応は無駄にはなっていないです。

あまりiOSの有料アプリに依存していると、Androidに移りにくいということはありますね。

AndroidでGoogle系のアプリを使うとアカウントが連携していてログインが簡単

あと、Google系のアプリをよく使うのですが、AndroidにGoogleアカウントを登録すると、GmailやGoogleドライブ・Googleカレンダーなどもアカウントが紐付けされるので、ログインがスムーズです。

iOSだとアプリごとにID・パスワードを入力してログインしないといけなくて面倒でした。

GoogleアナリティクスやGoogleアドセンスもアプリをインストールするだけで、すぐに使えたためとても親和性があります。

Googleのアプリをよく使う方はAndroidを使うとその辺が楽です。

P10 liteの液晶はフルHD(1920×1080ドット)!動画再生が楽しい!

huawei-p10-lite-douga

はじめはスマフォでフルHDは必要なのかなと思っていましたが、YoutubeやAbema.tvで動画が高解像度で綺麗に再生されるのを見て、あ~これは(・∀・)イイ!!と思いました。

スピーカーも悪くなく、音もクリアに聞こえます。

今もノートパソコンの横に置いて、動画を流しながらブログを書いています。最近は、Abema.tvで藤井四段の将棋を見ています。

動画はスムーズに再生されますし、長時間再生しても本体が熱くなりすぎることもなく、バッテリーも保ちも良好です。

P10 liteの背面にある指紋ID認証が正確で便利

huawei-p10-lite-finger

P10 liteはスマフォ背面側に指紋認証するパネルが配置されています。

この位置が意外と便利です。

スマフォを普通に握ると、自然と指が指紋センサーの位置にきますから、認証がスムーズです。

デザイン的にはこの位置がパッカリ空いてしまうと、カバーによってはダサくなりそうで、好みは分かれると思います。

ただ、位置的にはこれがベストではないかと私は思います。

指紋認証はしっかり機能しており、その点も○です。

また、この指紋センサーで、長押しをすると写真・動画を撮ったり、電話に出る、アラームを停止するのジェスチャーを設定することができます。指紋センサーを下にスライドすると通知パネルを表示することもできます。

P10 liteのデザインやカラーリングもグッド!

P10 liteのデザインは特に尖ったところもなく、落ち着いたデザインだと思います。家族や友人からはiPhoneとよく間違われますね。

側面と前面ガラスの端が丸みを帯びていて、ゴツゴツ感が軽減され持ちやすく感じます

カラーリングはゴールドにしましたが、ブルーも綺麗でもよかったですね。

P10 liteのカメラもまあまあいける!

huawei-p10-lite-cooking-photo1

huawei-p10-lite-cooking-photo2

あまり考えなくともオートでスナップショットを撮るには十分な画質です。

iPhoneにもあったHDRやパノラマ機能も付いています。あと、プロ写真機能でマニュアルで設定を変えつつ写真を撮ることもできますが、まだそこまで使いこなせていないです…。

今のところ、iPhoneからHUAWEI P10 Liteに代えて困ったなということが本当にありません。コスパが高いという評判も納得ですし、大満足と言っても過言ではないですね。

まだ、紹介しきれていない機能もありますから、これからもいろいろ使ってまた紹介していきたいです。

端末だけでも入手することができますから、安いときに買って、格安SIMと組み合わせて使うのがいいのかなと思います。

P10 LiteとSIMとセットで購入して、割引やキャッシュバックをしているところもありますから、探してみるのもいいですね。


Huawei 5.2型 P10 lite SIMフリースマートフォン サファイアブルー 【日本正規代理店品】 P10 lite/WAS-LX2J/Sapphire Blue

スポンサーリンク

ここまで読んでくださりありがとうございます。

ブックマーク・シェアボタンをご利用ください😊

お気軽にフォローお願いします☺




トップへ戻る