Celeron G3900 CPUで組んだ自作PCを父に使ってもらうことにした

Celeron G3900 CPUで組んだ自作PCを父に使ってもらうことにした

👆 ブックマーク・シェア・あとで読む用など、登録しておくと便利です 😊


Intel CPU Celeron G3900 2.8GHz 2Mキャッシュ 2コア/2スレッド LGA1151 BX80662G3900 【BOX】

以前に自作したミニタワーPCを持て余していたので、父が使っていたPCと取り換えることにしました。

その時の記事はこちら!

ミニタワーパソコン(microATX)のPCパーツを入れ替えて格安で自作してみた
ミニタワーパソコン(microATX)のPCパーツを入れ替えて格安で自作してみた
昔、ドスパラで父に購入したミニタワーパソコンが余っていたので、中のPCパーツを入れ替えて復活させてみました。

CPU・マザーボード・メモリなどの構成はこんな感じ

パーツ メーカー 型番 値段
マザーボード ASRock H110M-HDV 6,548円
CPU Intel Celeron G3900 BOX品 4,007円
メモリ CFD D4U2133PS-4G ×2個 2,280円 × 2個

後のパーツは使い回しで、SSD256GB、HDD1TB、電源、DVDドライブが付いています。

OSは持っていたWindows10をクリーンインストール。

メモリは4GBでも十分かと思いますが、たぶん安かったから4GB×2個で、デュアルチャネルにして少し快適になるかなということで。

これを父の使っていたPCと交換しました!

これまで父が使っていたPCは、Intel Core i5-2400(クアッドコア/3.10GHz/TB時最大3.40GHz/6MBキャッシュ)でしたから、Celeron G3900(2.8GHz 2Mキャッシュ 2コア/2スレッド)よりも数値的には劣るのですが、Core i5-2400は第2世代(Sandy Bridge 世代)のCPUで、Celeron G3900は第6世代(Skylake 世代)CPUです。

特筆すべきはTDP(Thermal Design Power:熱設計消費電力)の差ですね。Core i5-2400が95Wに対し、Celeron G3900が51W!

性能に対して省電力設計になっています。

父は割とパソコンを点けっぱなしでいろいろと動き回るので、多少電気代がましになる!?かもしれません。電源にも優しくなって、電源の寿命が延びる!?かもしれません。(どれぐらい長持ちするかも重要ですからね。)

CPU性能はちょっと落ちますが、SSDやメモリの性能が良いため、キビキビとした動作で体感的には以前よりもスピードアップしています。

重い操作をするときが心配ですが、父はインターネットかエクセル、たまにYouTubeぐらいしか使わないので、たぶん問題ありません。

そんな父ですが、意外にもデュアルディスプレイ使い(一つは縦、一つは横にして並べています)です。その点、Celeron G3900はサポートされているディスプレイ数が3で、実際にデュアルディスプレイをしてみても全く問題なし!

Celeron G3900 CPUパソコンの使い心地はどんなものか、追ってまた記事を書いていきたいと思います。

Core i5-2400のパソコンが余りましたが、こちらはWindows10に無償アップグレード済みなので、まだまだ使えます。ですが、我が家のパソコンを減らそうキャンペーンで売ってしまおうと思います。いくらぐらいで売れるかな~。

※第7世代(KabyLake世代)のCeleronも発売されています。


Intel CPU Celeron G3930 2.9GHz 2Mキャッシュ 2コア/2スレッド LGA1151 BX80677G3930 【BOX】

スポンサーリンク

ここまで読んでくださりありがとうございます。

ブックマーク・シェアボタンをご利用ください😊

お気軽にフォローお願いします☺




トップへ戻る