ミニタワーパソコン(microATX)のPCパーツを入れ替えて格安で自作してみた

ミニタワーパソコン(microATX)のPCパーツを入れ替えて格安で自作してみた

昔、ドスパラで父に購入したミニタワーパソコンが余っていたので、中のPCパーツを入れ替えて復活させてみました。

ミニタワーパソコン(microATX)のPCパーツを換装!

jisaku-pc-matx-1 jisaku-pc-matx-2

今回、使用するミニタワーパソコンはこちら!うーん、端子が古い。WindowsXP時代のものだから、10年以上前のものかな。(もう覚えてない…。)

入れ替えるパーツはマザーボード・CPU・メモリだけです。購入したパーツを載せますね。

パーツ メーカー 型番 値段
マザーボード ASRock H110M-HDV 6,548円
CPU Intel Celeron G3900 BOX品 4,007円
メモリ CFD D4U2133PS-4G ×2個 2,280円 × 2個

(値段は私が購入したときのものです。メモリはヨドバシカメラで買いました。)

CPUはリテールのCPUクーラー・グリスも付いていて、お手軽に使えます。

合計15,115円でした!

jisaku-pc-matx-3 jisaku-pc-matx-4

中身がこちら。これを黒いマザーボードH110M-HDVに入れ替えていきます。

jisaku-pc-matx-5 jisaku-pc-matx-6

メモリを差して、CPUを付けます。I/Oパネルをはめてから、マザーボードをパソコンに取り付けましょう。

メモリやCPUの取り付け方はこちらのページを参考にしてみてください。

パソコンから元のパーツを外して、CPU・メモリを取り付けよう~自作PCに挑戦-2
パソコンから元のパーツを外して、CPU・メモリを取り付けよう~自作PCに挑戦-2
前回からの続きです。 前回は、パーツを選び、BTOと比べてどちらが良かったんだろうかという話をしました。 今回は...

jisaku-pc-matx-7 jisaku-pc-matx-8

オーディオ・電源・フロントUSB・ファンのケーブルを取り付けて完成!

OSはUbuntuを入れて遊んでみようと思います。インターネットや映像を見るぐらいなら問題なく使えます。

UbuntuでもGoogle ChromeやFirefoxが使えるので、ネットは使い勝手はあまり変わらないです。

完全に自作してみたらいくらになるか調べてみた

ちょっと気になったので、もしPCケース・SSD・電源も含めて新調して、完全に自作するとしたらいくらになるか調べてみました。

パーツ メーカー 型番 値段
マザーボード ASRock H110M-DVS R3.0 6,106円
CPU Intel Celeron Dual-Core G3930 BOX 4,880円
メモリ CFD W4N2133PS-4G ×2個 8,390円
PCケース REEVEN RE-M18002-B 3,656円
DVDドライブ ASUSTek DRW-24D5MT 2,073円
PC電源 サイズ CORE-SFX300 4,074円
SSD キングストン SUV400S37/120G 5,480円

合計34,659円でした!

(価格は本日調べたものです。実際の価格はショップで確認してください。)

これに、Windows10 Homeを追加すると、+14,195円!

Windows10 OS込みで48,854円。

ドスパラのKnight AS ナイト ASが似たような構成(メモリ4GB・HDD500GB)で45,338円。

うーーーん。このレベルで1から完全に自作するならBTOにお任せした方がいいかなって感じですね!

メモリが一時期より倍ぐらいに値上がりしてて厳しいです。


パソコン(PC)通販のドスパラ【公式】
今回、比較に使ったBTOパソコンです。

BTO パソコン(PC)の【@Sycom】(サイコム)
もう一つ、サイコムというBTO、こちらは値段が手ごろで、パーツの組み合わせがかなり豊富です。必要のないOSは無しにしたり、しかもSSDやHDDもなしできるので、自分にとって必要のない部分はコストカットができます。

スポンサーリンク

ここまで読んでくださりありがとうございます。お役に立ちましたらシェアお願い致します。

お気軽にフォローお願いします☺

ミニタワーパソコン(microATX)のPCパーツを入れ替えて格安で自作してみた
この記事をお届けした
Curo.jpの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る