金魚注意報!?金魚がひっくり返って転覆病とやらにかかってしまいました…

金魚注意報!?金魚がひっくり返って転覆病とやらにかかってしまいました…

👆 ブックマーク・シェア・あとで読む用など、登録しておくと便利です 😊

kingyo-1

写真の金魚5匹をちょうど1年ぐらい(父が)飼っているのですが、そのうちの一匹(左下)がひっくり返ってしまって、力なくぷか~と浮かんでしまうようになりました。

これ、完全に死んだわ…と合掌して念仏の一つでも唱えようかと思っていたら、父がその金魚をバケツに入れて、復活を試みるとのことでした!(バケツにエアもいれていました)

いやいやいやこれはさすがに(ヾノ・ω・`)ムリムリ

金魚は一応ピクついてはいますが、完全に目が死んでました。

ただ、ネットで調べてみると、金魚には転覆病というものがあるらしく、治ることもあるみたいだったので、様子を見ることにしました。一晩明けてみると…やっぱりひっくり返っていましたが、バケツの底の石に寝そべった形になりながらも、エラは動いていて、一応生きている状態でした。

まさか、これワンチャンあるか??

朝にその状態で、昼ぐらいから少しずつ動くようになり、ひっくり返りも治って、一応その場で留まりながらも泳ぐようになりました。そして、元の水槽に戻すと、何ということでしょう、あの死んだような目をしていた金魚が元気に泳いでいるではありませんか!?

いや、マジでなめてましたね。

生命の神秘を!

しかし、転覆病とやらの原因がまったく分かりません。

ただ、前兆として、その金魚だけかなり肥大化してたんですよね。

死の淵から蘇った後は、絶食もしていたからか若干スリムになって帰ってきました。

あと、夏になって急に暑くなったため、水温が上がりすぎたのかもしれません。

今は扇風機を回しているので大丈夫そうです。

エサは沈むタイプのもので、他の金魚も同じエサを食べているから問題ないと思います。

バケツに金魚を移したのは、他の金魚が弱った金魚にちょっかいを出して、さらに弱ってしまわないようにしただけで、それ以外特に環境は変わっていません。エサはあげないようにしていました(というか食べられる状態ではなかったです)。

今回の件で魚の目が死んだように見えても死んだと判断するのはまだ早いということを学びました。そもそも、よく考えたら魚の目って元から生気薄いので、そこで判断してはいけませんね。即合掌・念仏はさすがに早計すぎました。

こんな小さな金魚でも頑張って生還してきてくれたので、たとえ大変なことがあっても諦めずに死に抗って生にしがみついていきたいものです。

スポンサーリンク

ここまで読んでくださりありがとうございます。

ブックマーク・シェアボタンをご利用ください😊

お気軽にフォローお願いします☺




トップへ戻る