松居一代さんが語る船越英一郎氏の醜聞・スキャンダルに違和感を覚える

松居一代さんが語る船越英一郎氏の醜聞・スキャンダルに違和感を覚える

👆 ブックマーク・シェア・あとで読む用など、登録しておくと便利です 😊

松居一代さんの一連の経緯を見ていると、なんだか開いた口が塞がらない感じになってしまいました。

「命の危険がある」と周囲を心配させてからの、アメーバブログ・Twitter・YouTubeを駆使に駆使して身内のスキャンダルを自ら広めていくスタイルは、これはどうなんだろうという違和感が拭えません。

昔はネットがなくて、テレビや週刊誌ぐらいしか、こうやって話が広まることはありませんでしたが、今やネットで自らがここまで話を広げていけることに改めて驚きますね。

で、この松居一代さんが語る醜聞・スキャンダルの違和感ってなんだろうと考えているのですが、いまいちスッキリしないです。

テレビや週刊誌の場合、間に編集者がいるのである程度はその情報を信用できますが、今回の場合は松井一代さんが一方的な情報を発信していて、視聴者側では本当かどうか確認しようがない点、まずこれがスッキリしない。

この経緯を見ていると、どうしても「炎上」とか「フェイク・ニュース」だったのではないかということが頭をよぎってしまいます。

というのは、最初「命の危険がある」という趣旨のブログを見たときに、普通に心配していたからですね。精神的に参っているような感じでしたし、テレビで拝見していたときの感じでは、まさか冗談でそんな変なことを書かない方と思っていたから尚更です。

ところが、フタを開けてみると、夫・船越英一郎氏の不倫を告発する内容で、えっそんな内容だったんかーいとちょっと意表を突かれましたね。ブログでは『サスペンスドラマよりも 怖くって、 おもしろいです それは、 ノン・フィクションだからです』と書かれていましたが、いや、みんな(か分かりませんが)割と心配してくれてたよ?って、心配から呆(あき)れに変わりましたね。

YouTubeの動画も結構凝っていて、複数人で作っているみたいです。そして、週刊文春も入ってきて、あっという間に不倫報道の安定の構図の完成ですやーん。

不倫が本当かどうかは、実はあまり興味ないのですが、例え不倫が本当でも、こういう注目のさせ方ってありなんですかね??と考えてしまうのが、もう一つスッキリしない点です。

精神的に追い込まれているから仕方ないと見る向きもあるかもしれませんが、それならば止めさせた方が本人のためにもいい気はしますね。

もはや真偽も分からず、松井さんも船越さんも誰も得しない展開になってしまって、自分としては話半分に聞いているという状態です。まぁお子さんが一番かわいそうですね。

今回は有名人の事例でしたが、今後デジタルネイティブ世代が年老いていくと、こういうことが増えていくのかもしれません。そういう意味では、この件は象徴的な例として語り継がれていくかもしれません。(※語り継がれないかもしれません。)

スポンサーリンク

ここまで読んでくださりありがとうございます。

ブックマーク・シェアボタンをご利用ください😊

お気軽にフォローお願いします☺




トップへ戻る