マイナンバーカードを交付申請してみましたが通知カードだけで十分だった件

マイナンバーカードを交付申請してみましたが通知カードだけで十分だった件

mynumber_people

証券会社からNISA口座の継続維持のために「マイナンバー:個人番号」を知らせるように催促されており、ようやく重い腰を上げて「マイナンバーカード」を取得してみました。

家族もNISA口座を持っているので、同じくマイナンバーカードをいっしょに申請しました。

申請はスマフォからも登録できて、割と簡単に操作できました。スマフォだと、自宅から好きなタイミングで申請できますし、自分が満足いくまで写真を撮り直せるのでお勧めですね。

マイナンバーカードの交付は原則本人のみ!

無事にマイナンバーカードができあがると、役所からハガキが届きます。

市によって異なるかもしれませんが、ウェブ予約をしてから、指定の場所で本人に交付するということでした。

ハガキに代理人受取の欄があったので、はじめ代理人でも簡単に受け取りはできると思って、家族の分もまとめて交付してもらおうしましたが、マイナンバーカードの交付は原則本人のみでした。

代理人受け取りをする場合は、申請した本人が入院しているなど特別な事情に限られていました。その場合も、それを証明する書類が必要です。仕事の都合で本人が行けないという理由もダメで、基本的に本人が受け取るものと考えた方がいいでしょう。

特にマイナンバーカードが必要ないなら通知カードで十分です

マイナンバーカードは有効期間が設定されているため、有効期間がくる度に、また交付を受けないといけないので面倒です。

マイナンバーカードが特に必要ないなら通知カードだけで十分ですね。マイナンバーカードを交付時には通知カードを返却しないといけないので、両方を併用することはできません。

通知カードに有効期間はありませんから、面倒な手続きをしたくないなら通知カードを使い続けて、マイナンバーカードの交付申請はしない方がいいです。

マイナンバーカードの有効期間は、発行の日から10回目の誕生日まで、また署名用電子証明書及び利用者証明書の有効期間は、発行の日から5回目の誕生日までです。
 ただし、20歳未満の方のマイナンバーカードの有効期間については、容姿の変動が大きいことから、顔写真を考慮して5回目の誕生日となります。

http://www.e-tax.nta.go.jp/topics/topics_mynumbercard_data.htm

ただ、現在のところマイナンバーカードは無料で申請できるので、有料化する前に申請しておいたほうが、ちょっとだけお得です。(いつまで無料かは決まっていないため、当面は申請しない方がいいですが。)

証券会社への申請書類は個人番号が書かれた通知カードでもOK!

tsuchi-card

あとから知りましたが証券会社に申請する書類はマイナンバーカードじゃなくて、通知カードでもOKでした。

通知カードはすでに各世帯に郵送されているので、そもそも面倒なマイナンバーカードの申請や交付なんていらなかったんや…。

新しく証券口座を開設するときも通知カードでOKみたいです。

まあせっかくマイナンバーカードを取得したので今後有効活用できればしていきたいと思います。

カードリーダーが必要ですが、eTaxもできるので確定申告のときに使えそうですね。

それ以外は…特に使える場面はないかな?コンビニで住民票を取得できるから、何かのときに使うかもしれません。

マイナンバーカード対応のカードリーダーもすでにいくつか販売されていて、2千円台ぐらいで購入できます。

ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380

スポンサーリンク

ここまで読んでくださりありがとうございます。お役に立ちましたらシェアお願い致します。

お気軽にフォローお願いします☺

マイナンバーカードを交付申請してみましたが通知カードだけで十分だった件
この記事をお届けした
Curo.jpの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る