Amazonも対応ショップにてキャッシュレス会計時5%還元中!

Mac iTunesで音楽CDをMP3など音楽データに変換!iPhoneなどスマホやUSBメモリに転送して外で聴く方法

スポンサーリンク
macos-audio-cd-import Apple

今回はAppleMac音楽CDをMP3に変換して、iPhone・iPad、USBメモリ・SDカードなどに転送して、音楽データを持ち出す方法を書いていきます。

Windowsの方はこちらをご覧ください。

Macだから難しいということは無くて、Windowsと同じように音楽操作できます。

また、WindowsでもiTunesは使用できますので、Windowsの方もiTunesを使う場合は参考になるかと思います。

今回は、MacBook Airを使用しています。

スポンサーリンク

音楽CDをMacのCDドライブにセット

MacBook・iMac・Mac miniなど、写真のように外付けCD/DVDドライブを使用して、音楽CDをセットします。

macOSでも使用できる 外付けCD/DVDドライブを用意しておきましょう。

macOSでiTunesアイチューンズを起動

Macに接続したCD/DVDドライブに音楽CDをセットして閉じると、自動的にiTunesが起動します。

もし、起動しない場合は、アイコンをクリックしてiTunesを起動します。

ドライブにセットした音楽CDが認識されていると、その音楽CDのタイトルやアーティスト名などが表示されています。

(※インターネットに接続されていないと、CDの情報は表示されません。)

iTunesを起動すれば、音楽CDをiTunesライブラリに読み込みますか?と画面が表示されますが、いったん[いいえ]を選択しておきます。

macOS iTunesでCD読み込み時の音楽形式と音質を決める

最初の状態では、音楽CDをiTunesで読み込むと『AAC』という音楽形式で取り込まれます。

最近では、AAC音楽ファイルを再生できる音楽機器・音楽ソフトは増えているため、AACのまま取り込んでも問題ないかと思います。

今回は、AACに対応していない音楽機器で再生する可能性も考えて、念のため『MP3』で読み込むように設定を変更するやり方も載せておきます。

MP3であれば、ほとんどの音楽機器や音楽ソフトで再生できます。

ここでは、iTunesでAACからMP3 320kbpsに読み込み設定を変更します、

iTunesを起動した状態で、画面の左上メニューに[iTunes]とありますので、クリックします。

すると、下側にさらにメニューが表示されるので、[環境設定]をクリックします。

一般環境設定の画面の下側の[読み込み設定…]ボタンをクリックします。

読み込み方法が[AACエンコーダー]となっています。クリックすると、

別の音楽形式へのエンコーダー(変換)が選べますので[MP3エンコーダー]を選択します。

次にMP3の音質の設定を変更します。

[設定]のところをクリックして、[カスタム…]をクリックします。

ステレオビットレートの項目が160kbpsとなっていますが、高音質に変更しておきましょう。

[320kbps]に変更します。その他の項目は変更せずに、OKボタンをクリックします。

ちなみに、VBRとは可変ビットレートのことです。音楽機器によっては再生できない場合があるので、VBRは設定しない方がよいでしょう。

(私の車ではVBR MP3は再生できませんでした。)

準備ができたら音楽CDを読み込み

音楽形式の設定・確認ができたら、音楽CDを読み込んでみましょう。

読み込みボタンをクリックすると1曲ずつ読み込みが始まります。

読み込みが終わると曲名の左側にチェックが入ります。

すべて読み込まれるまでしばし待ちます。だいたいアルバム1枚で5分ぐらいかと思います。

読み込みが終わったら、CDは取り出してOKです。

CD/DVDドライブの取り出しボタンはきかないことがあるので、その場合は写真にも書きましたがiTunesの画面の取り出しボタンをクリックしてください。

読み込んだ音楽(MP3)ファイルを確認する

読み込んだ音楽ファイルを再生・確認してみましょう。

曲名のところで右クリックして、メニューから[情報]をクリックします。

[ファイル]をクリックして内容を確認します。

設定した通り、種類が「MPEGオーディオファイル」、ビットレートが「320kbps」になっていますね。

読み込んだ音楽ファイルの場所は「/Users/ユーザーネーム/Music/iTunes/iTunes Media/アーティスト/アルバム/音楽ファイル」となっています。

アーティスト別にフォルダが分かれて、さらにその中にアルバムごとに取り込んだ音楽(MP3)が保存されています。

iTunesで読み込んだ音楽ファイルをiPhone/iPadへ同期・転送

転送したいiPhone/iPadをMacと接続します。

初めて接続すると、iPhone/iPadの画面に、このパソコンを信頼するかどうか確認する画面が出ますので、[信頼する]をタップします(指で押します)。

次に、MacのiTunesで写真の場所の四角いボタンをクリックして、iPhone/iPadの画面に切り替えます。

こちらの画面でiPhone/iPadのアップデートやバックアップが行えます。(今回は割愛)

左側のメニューから[ミュージック]をクリックします。

[ミュージックを同期]のところをクリックして、チェックを入れます。

今回は、[ミュージックライブラリ全体]を転送します。

右下の[適用]をクリックすると、同期が始まり、ライブラリの音楽が転送されます。

それでは、iPhone/iPadで音楽が転送されたか確認してみましょう。

ミュージックと書かれたアイコンをタップします。

アルバムごとに表示されますので、目的のアルバムをタップします。

[再生]ボタンか、曲名をタップして音楽を再生してみましょう。

再生できれば、問題なく同期・転送できているかと思います。

iTunesで読み込んだ音楽ファイルをUSBメモリやスマホへコピー

USBメモリやSDカードなどの外部メモリにiTunesで読み込んだ音楽ファイルをコピーしてみましょう。

最近の車だと、音楽を聴くときに、USBメモリを使うことができますね。

microSDカードも、Androidスマホやウォークマンなどのポータブル音楽プレーヤーで音楽を聴くときに使えます。

Androidスマホとmacを直接接続して音楽ファイルを転送することもできます。

今回は、macでUSBメモリに音楽ファイルをコピーしてみましょう。

こちらのUSBメモリを使用しました。転送速度が速いので便利です。

USBメモリをmacに接続します。

デスクトップ画面の右上に、接続されているUSBメモリが表示されるので、ダブルクリックして開きます。

音楽ファイルをコピーするフォルダを作っておきます。

何もないところで右クリックすると、メニューが表示されるので[新規フォルダ]をクリックします。

キーボードでアーティスト名・アルバム名など自由に入力します。

iTunesとUSBメモリのフォルダのウィンドウを写真のように並べます。

ウィンドウの動かし方は、ウィンドウの上部をドラッグしましょう。

iTunesでコピーしたい曲を選択します。

まとめて選択するときは、1曲目をクリックして、次に最後の曲をShiftキーを押しながらクリックします。選択できていると、写真のように薄いグレーがかかります。

曲を選択できたら、曲の上からコピーしたいフォルダへドラッグします。

フォルダの中に音楽ファイルが表示されればコピーできています。

今回は、USBメモリにコピーしましたが、Androidスマホなども同様のやり方でOKです。

Androidスマホの場合、「Music」フォルダがあらかじめ存在していると思うので、そちらにコピーしてください。

Androidスマホへの転送については、こちらの記事も参考にどうぞ。

(Windowsで操作していますが、どのフォルダに転送するかが分かります。)

iTunesで読み込んだ音楽ファイルをUSBメモリにコピーして車で再生

それでは、このUSBメモリを車に持ち込んで実際に再生してみましょう。

USBメモリを車の所定の場所に差し込みます。(車種によって異なるため説明書を御覧ください)

ここではホンダのインターナビにて再生してみます。

オーディオに切り替えて、USBメモリーを選択します。

先ほど、作成したフォルダが表示されていますね。

.Trashesというフォルダもありますが、これはmacOSで自動で作られるゴミ箱用フォルダです。

フォルダを選択すると中の曲が表示され、実際に再生も確認できました。

カーオーディオでUSBメモリの音楽を再生する方法については、以下の記事も参考にどうぞ。

ということで、MacBook Airで色々と音楽操作をしてみましたが、特に問題ありませんでした。

私のMacBook Airは2010年のものですが、iTunesの動作も軽快です。

今だと、2017年のMacBook Airがコスパがよくておすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました