車で音楽!カーオーディオ用にUSBメモリを使ってみたらすごく便利だった件

車で音楽!カーオーディオ用にUSBメモリを使ってみたらすごく便利だった件

👆 ブックマーク・シェア・あとで読む用など、登録しておくと便利です 😊

車のカーナビ・オーディオシステムに音楽用のハードディスクが搭載されているのですが、40GBを使い切ってしまったようで、新たに録音ができなくなってしまいました。

聞かない音楽を削除したり編集すればいいのですが、そういえばUSBメモリで音楽が聴けたことを思い出して試してみることにしました。

車はホンダのCR-Vで、ナビは純正の「Honda HDD インターナビシステム」ですが、他社のカーナビでも大体同じだと思います。



USBメモリでカーオーディオを楽しむ!


SanDisk Cruzer Fit USBフラッシュメモリー 16GB (5年間保証)[国内正規品] SDCZ33-016G-J57

USBメモリはSanDiskの小さいものを買いました。16GBで1,000円しないぐらいでした。

どれぐらい小さいかというと…

car-audio-usb-memory-2

ちっさ!

USBメモリというと細長いスティックみたいなものが主流ですが、こんな小さいものもあります。

小さいのでUSBをさしていても邪魔にならないのがいいですね。ただ、失くしやすいのと、ちょっときつい差込口から取るときに、持つところがほとんどないので、めちゃ取りにくいです😂

(取りにくいときは、ヒモを通して取れるように、金属の輪っか部分がついています。)

このUSBメモリに、音楽データをコピーします。

このカーオーディオの対応フォーマットは、MP3・WMA・AACです。

MP3にしておけば、ほとんどのプレーヤーで再生できるかと思います。

音楽CDを取り込んでMP3にする方法はこちらの記事を参考にしてください。

音楽CDを取り込んでMP3に変換!AndroidスマホやUSBメモリにMP3音楽を転送・コピー! [Windows10/8/7]
音楽CDを取り込んでMP3に変換!AndroidスマホやUSBメモリにMP3音楽を転送・コピー! [Windows10/8/7]
音楽の記事をいくつか書きましたが、音楽CDをパソコンに取り込んでMP3に変換する方法をまとめておきます。 色々やり方はあるのですが、ひ...

FLACなどの音楽データをMP3に変換する方法については、こちらの記事を参考にどうぞ。

foobar2000 (Windows)でFLACやMP3を簡単に変換・作成できる!アルバムアートの登録もやっておこう!
foobar2000 (Windows)でFLACやMP3を簡単に変換・作成できる!アルバムアートの登録もやっておこう!
前回「foobar2000 Mobile for iOS」の話をしましたが、今回は音楽ファイルをfoobar2000 Mobile for ...

car-audio-usb-memory-3

こんな感じで、好きな曲をコピーします。

シングルをまとめたり、アルバムごとにフォルダで分けておくと、見やすいですね。

このUSBメモリを車のUSB差込口にさします。

car-audio-usb-memory-cbox

CR-Vではグローブボックス(助手席前の小物入れ)の奥の壁側にありました(ちょっと付けにくいところにありますが、熱がこもりにくいし、目立たなくていいです。)

car-audio-usb-memory-4

無事に認識して、問題なく表示・再生されました。

だいたいアルバム1枚で100MB~くらいですから、16GBですとアルバム100枚以上は入る計算ですね。とりあえずは十分です。

私のように、カーオーディオの容量が一杯になってしまったら、その代わりとしてUSBメモリが十分使えますね。

注意点としては、ファイルシステムをFAT32にしておかないと、カーオーディオで認識しません。あらかじめUSBメモリをFAT32でフォーマットしておきました。(カーナビ・オーディオシステムによって異なるので、ご自身の車の説明書を確認してください。)

usb-format-fat32

このやり方だとパソコンで音楽データを管理できるので、編集がものすごく簡単です。

カーオーディオだと、CDの録音に時間がかかる・編集が大変・新しいCDは曲名などが出ない…といった問題がありますが、そういった問題もすべて解決します。もっと早くやればよかった…。

CDからの録音だと、もちろんCD媒体が必要です。

私はほとんどレンタルCD派で、音楽データはパソコンの中に保存してあります。

この音楽データを車のカーオーディオに移すときは、パソコンの中の音楽データをCD-RかCD-RWに焼いて音楽CDを作らないといけないので、これも面倒でした。

USBメモリだと音楽データだけ移せばいいので楽ちんです。

また、家族で車を使っていると、自分だけが好きな音楽は入れにくいという方もおられるかと思います。私の場合はゲーム音楽とかですね。

こういうときにも、自分専用のUSBメモリを用意して、自分が好きな音楽を入れられるという利点もあります。

友達の車やレンタカーなども、USBメモリを持ち込めば自分の音楽を楽しめますね。

まぁ、USBメモリを持ち運んだり、パソコンでコピーしたりという手間はかかりますが
(´・ω・`)

それでも、CD録音よりも便利なので私はあまり手間には感じませんでした。

USBメモリが大容量でもすごく安くなったので、壊れてもいいかという気持ちで使えるようになったというのは大きいですね。車内が高温になって故障の危険もありますから、これまでちょっと二の足を踏んでいました。

車を買い替えるときも、USBメモリを差し替えるだけで簡単に移せるので、パソコンで音楽を管理している方にはおすすめです。

最新の車のカーオーディオだと、もっと良いシステムになっているのかもしれませんが…。

あと、フォルダの名前を工夫することで、表示の順番を調整できるところが特にいいですね。写真の例では、「0.シングル」と数字を頭につけて上にくるようにしています。

(追記:すみません。うちのカーオーディオだと、古いためか音楽フォルダの転送順に表示されました。アルバムの曲の順番は正しく表示されます。訂正致します。

※この問題について補足記事を書きました。)

車で音楽!USBメモリの音楽ファイル・フォルダの順番をソートしてカーオーディオで表示させる方法
車で音楽!USBメモリの音楽ファイル・フォルダの順番をソートしてカーオーディオで表示させる方法
前に、「車で音楽!カーオーディオ用にUSBメモリを使ってみたらすごく便利だった件」という記事を書いたところ、かなりのアクセスがありました。 ...

iPod/iPhoneもUSB接続して音楽再生を試してみた

car-audio-iphone5

ちなみに、iPodも接続できるみたいだったので、iPhone5(iOS10)でもいけるかなと思ってつなげてみたらできました。

Android (HUAWEI P10 Lite) もつなげてみましたが、ダメでした。

ただ、あまりiPhoneを車に置きっぱなしにしたくないのと、スマフォは充電が必要になってくるため、やはりUSBメモリを使うほうがおすすめですね。

今回使用したUSBメモリはこちらです。


SanDisk Cruzer Fit USBフラッシュメモリー 16GB (5年間保証)[国内正規品] SDCZ33-016G-J57

このUSBメモリの新型が発売されていたので、以下で紹介します。

32GBと64GB以上のUSBメモリもおすすめ

追記:6/12

USBメモリですが、16GBの上の32GBも割安になってきたので、検討してみてもいいかもしれません。

16GBと比べても数百円しか値段変わらないです(;・∀・)

また、私が買ったときは小型のものはUSB2.0のUSBメモリしかありませんでしたが、最近USB3.1のUSBメモリも発売されたようですね!


SanDisk USBメモリ 32GB USB3.1 & USB 3.0 Ultra Fit フラッシュドライブ 【正規代理店品】 (5年保証) SDCZ430-032G-J57

64GBも、GBあたりで見たら同じぐらい安いです。

たくさん、音楽保存したい方は大容量を選んでおくといいかもしれませんね。

MP3を高音質(320kbps)で保存すると、1曲あたりだいたい10MBぐらいのデータ容量になります。

(正確にはMP3 320kbps 4分10秒の曲が10MB)

大まかですが単純計算すると、USBメモリ16GBで1,600曲、32GBで3,200曲、64GBで6,400曲…保存できるという感じです。

CDアルバム単位で計算すると、CDアルバム1枚60分をMP3 320kbpsで保存すると144MBになります。

USBメモリ16GBで111枚、32GBで222枚、64GBで444枚…保存できますね。

CD(曲)の長さによって多少変わるので目安としてください。


SanDisk USBメモリ 64GB USB3.1 & USB 3.0 Ultra Fit フラッシュドライブ 【正規代理店品】 (5年保証) SDCZ430-064G-J57

こんなに小さいのに64GBのUSBメモリ…(・∀・)

技術の進歩は凄まじいです。

(しかも、128GBや256GBまである!)

私のホンダのカーオーディオシステムでは、USBメモリ256MB以上であれば、使えるみたいだったので、特に上限は無さそうでしたが、念のため、ご自身のお使いの車の取扱説明書を確認してみてください。

私が使っていたUSBメモリはUSB2.0ですが、音楽を聴いたり保存したりする分には、USB2.0の速さで特に問題ありません。

私の車のカーオーディオはUSB2.0しか対応していませんが、USB3.0のUSBメモリでも使えます(下位互換があるので)

USB2.0だと、数十GBの音楽を移したいときなどは多少時間がかかるので、そういった方はUSB3.0(USB3.1/3.2)メモリを選んでおくといいですね。

(環境にもよりますが、数十GBのデータを移すときに数分~数十分速くなるぐらいですかね…。)


【Amazon.co.jp限定】 Transcend USBメモリ 16GB USB3.1 & USB 3.0 スライド式 ブラック (無期限保証) TS16GJF790KPE (FFP)

紹介したUSBメモリは小型ですが、なくしそうで怖いという方は、よくあるスティックタイプのUSBメモリ3.0でもいいですね。

カーオーディオの前面パネルに挿すと、スティックの長さ分出っ張るので、少し邪魔に感じられるかもしれません。

そういう場合は、先のコンパクトなUSBメモリの方がいいかなと思います。

SDカード対応のカーオーディオならSDカードもOK!

追記:12/4

私の車ではSDカードは対応していませんでしたが、最近のカーオーディオはSDカードスロットがついているものもありますね。

SDカードも値段がこなれてきて手が出しやすいです。

取り扱いもUSBメモリとほとんど同じなので、好みになりますがSDカードもありですね。


Samsung microSDカード 32GB EVO Plus Class10 UHS-I対応 スマホ カメラ向け (最大読出速度95MB/s:最大書込速度20MB/s) Nintendo Switch 動作確認済 MB-MC32GA/ECO

先のUSBメモリよりも若干高いぐらいですね。

こちらはmicroSDカードですが、SDカード変換アダプタがついています。

利点としては、カーオーディオで使わなくなったときに、スマフォやデジカメやゲーム機などにも転用できますね。

(使ってないmicroSDカードがあれば、引っ張り出してきてカーオーディオで使えるかもしれませんね。)

あと、SDカードもサイズがコンパクトなので、収まりもよいです。

パソコンで音楽ファイルを管理されている方はGoogle Play Musicもお勧めです

カーオーディオの話からは若干離れますが、最近Google Play Music無料版で音楽ファイルのクラウド管理を導入してみたので、興味のある方はどうぞ。

Google Play Musicに音楽ファイルアップロード → マイリスト作成 → ダウンロード → USBメモリにコピーしてカーオーディオで再生という感じでやってます。

Google Play Music無料版でできる手持ち音源アップロードとクラウド音楽管理+Google Home Miniとの連携と音声操作がもはや新世界!
Google Play Music無料版でできる手持ち音源アップロードとクラウド音楽管理+Google Home Miniとの連携と音声操作がもはや新世界!
前回の記事の続きです。 まずは以下のGoogle Play Musicの利用イメージの図解を見て欲しい。
スポンサーリンク

ここまで読んでくださりありがとうございます。

ブックマーク・シェアボタンをご利用ください😊

お気軽にフォローお願いします☺




トップへ戻る