経由するだけで簡単お得!ネットショッピングなら楽天リーベイツで楽天スーパーポイント還元!

Synthesia(シンセシア)をAndroidタブレットと光ナビキーボードで使ってみた

スポンサーリンク
synthesia-android-tablet Android

Synthesia(シンセシア)について、以前に記事を書いたときは、パソコン(Windows)版で説明をしていましたが、Androidタブレットを先日購入したので、Synthesiaを試してみることにしました。

実際に使ってみると、パソコン版とほとんど同様に使えるので、快適かつ実用的でした。

これは、ぜひ紹介しておきたい!ということで、この記事では、Synthesia(シンセシア) Android版をタブレットとカシオの光ナビゲーションキーボードの接続方法やMIDIファイルのインポートの仕方の解説など書いていきます。

Synthesia(シンセシア)とは何ぞやという方は、こちらの記事もご覧くださると理解が深まるかと思います。

スポンサーリンク

Synthesia(シンセシア)とはどんなアプリ?

Synthesiaというアプリ(ソフト)だけをアプリストアなどで見たときに、どういうソフトか誤解されやすいと思うので、こちらでも簡単に説明しておきます。

まず、このSynthesiaというアプリは、単体で使うこともできるのですが、基本的には写真のように電子ピアノと組み合わせて使います。

synthesia-android-tablet

USB端子のある電子ピアノならUSBケーブルで接続できます。

また、光ナビゲーションキーボードなら、Synthesiaと連動して弾く音の鍵盤を光らせることができます。

CASIO(カシオ)
¥23,500(2019/11/17 05:41:25時点 Amazon調べ-詳細)

このように、Synthesiaの画面や光ナビを使うことで、楽譜・音符が読めなくても、ピアノを弾くことができるというアプリです。

レビューなどで誤解されている方もいますが、作曲アプリではなく、ピアノ練習アプリというわけですね。

(アプリストアの酷評レビューはSynthesiaの真価が伝わらないままレビューされている気がしますね💦)

Synthesiaに入っている曲(MIDI)は限られているので、自分が弾きたい曲のMIDIファイルは別途用意する必要があります。

私はピアノ楽譜をMIDIファイルに変換して使っていますが、、ヤマハの「ぷりんと楽譜」などでピアノ演奏用のMIDIファイルも売っているのでそちらを利用すると簡単かと思います。

Androidタブレットと電子ピアノをUSBケーブルで接続

今回、私が使ったAndroidタブレットは「HUAWEI MediaPad T5」です。

旧版MediaPadでストレージ16GB・メモリ2GBのものを使っています。

このタブレットのUSB端子は、Androidスマホやタブレットでよく使われている、「USB Micro B」です。

今回は、こちらの変換ケーブルを使いました。

最近は、「USB 3.1 Type C」という端子もスマホやタブレットなどで採用されているので、お持ちの端末を確認してからお買い求めください。

SynthesiaとAndroidタブレットのサイズについて

最初にも写真載せちゃいましたが、Androidタブレットの画面サイズでも違和感なくSynthesiaが使えました。

synthesia-android-tablet

10インチのAndroidタブレットでしたが、比較的新しいタブレットで、液晶が高解像度の WUXGA(1920×1200) で使い勝手は特に問題ありませんでした。

もっと大きいAndroidタブレットや、別画面表示ができれば、さらに快適に使えると思います。

ちなみに、Androidの画面をChromecast経由で別モニターに映して、Synthesiaを使ってみましたが、遅延があってまともには使えませんでした

Chromecast使ってみると、こんな感じです。

一見できそうですが、少しでも遅延があるとプレイは無理ですね…。

Androidで別画面出力できる端末は限られていると思うので、大きい画面を使いたいなら、パソコンを使うのがいいですね。

ただ、Androidタブレットだと、それ単体でSynthesia環境が準備できてお手軽ではあります。

パソコンだと、パソコン+モニタが必要です。(ノートパソコンという手もありますが。)

Androidタブレット自体もなかなか安くなってきています。私はファーウェイ・ショック?の後、1万6千円ぐらいで買えました。

Synthesia用にパソコンを用意して据え置くのもちょっとなあ…という方はAndroidタブレットという選択肢もあるかと思いますよ。

最近ではパソコンも安く買えますけどね。あまりに安いので私も新しく買っちゃいましたw

Synthesia Android版のアンロック価格

MIDIファイルをインポートして使用するためにはSynthesiaのアンロックが必要です。

アンロックの価格は880円です。(今は消費税が上がったので、少し値上がりしてるかも。)

もし、Synthesiaの公式ウェブサイトからパソコン用にアンロックキーを購入した方は、Android版でも使えます。

アンロックキー(コード)を入力するところ(上の写真の下側)があるので、そちらからアンロックできます。

パソコン版Synthesiaのアンロックキーをお持ちの方は、誤ってAndroid版を購入しないようにしましょう。

Synthesia Android版で電子ピアノ(キーボード)を設定する

設定方法はパソコン版Synthesiaとほとんど同じですが、一応載せておきます。

言語設定は最初の画面から左下のボタン[English]から選択できます。

日本語がまだないので、英語のまま設定していきます。

[Setting]ボタンをタップ(指で軽く押す)します。

[Music Devices]の画面になるかと思うので、設定していきます。

まず、一番上の[Android M Midi]をタップしてチェックを入れます。

次に、真ん中の[Music Input]の設定をします。

電子ピアノ(キーボード)がUSBケーブルで有効に接続できていると、[CASIO CASIO USB MIDI]などと、電子ピアノのメーカー名などが表示されているかと思います。

ここから、使いたい電子ピアノを設定するわけですね。

[Use this device]をタップしてチェックを入れます。

次に、電子ピアノ(キーボード)の右端と左端の鍵盤を実際に弾いて、鍵盤の範囲を設定します。

今回は61鍵のキーボードだったので、画面でもそのようになっています。

設定できたら、左上の[Music Devices]のボタンから画面を戻します。

最後に[Music Output]を設定します。

こちらも、使いたい電子ピアノ(キーボード)以外の欄はOffにしておきます。

[Built-in MIDI Synthesizer]をタップして、

[Don’t send output to this device]をタップしてチェックを入れます。

左上の[Music Devices]のボタンをタップして、[Legacy Android MIDI Synthesizer]も同様にOffにしてください。

これをしておかないと、音が電子ピアノとタブレットから二重に出てしまいます。

最後に使いたい電子ピアノをタップして設定します。

今回は[CASIO CASIO USB MIDI]をタップしてカシオの光ナビゲーションキーボードの設定をします。

[Use this device]をタップします。

光ナビゲーションキーボードの場合、その下の[Key Lights]もタップして設定しましょう。

日本発売のカシオの場合は、Channel 3を選択すれば使えると思います。

ヤマハの場合は、Channel 1を選択してください。

電子ピアノの設定は以上です。

設定できたら、実際にSynthesiaで何か曲を流して電子ピアノで弾いてみてください。

Synthesia Android版でMIDIファイルをインポートする

初期状態であれば、Androidのストレージの[Music]フォルダか[Download]フォルダの中に、MIDIファイルを置けば、自動的に使えるようになるかと思います。(要再起動)

私が使ったAndroidタブレットでは、フォルダの場所は、[/storage/emulated/0/Music]と[/storage/emulated/0/Download]になっていました。

これ以外に、別のフォルダを設定することもできます。

[Music]や[Download]は別のファイルでごっちゃになりそうなので、今回は別のフォルダを作ってそちらにMIDIファイルをインポートしてみます。

パソコンとAndroidタブレットをUSB接続して、ファイルを転送します。

USB接続すると、上の表示が出ますので、[ファイルを転送]をタップします。

Windowsパソコンで[HUAWEI MediaPad T5]を開きます。

今回は[内部ストレージ]内にコピーします。

(SDカードはSynthesiaでインポート先に設定できませんでした。)

今回は、内部ストレージ内に[Synthesia]というフォルダを作って、その中に手持ちのMIDIファイルをまとめてコピーしました。フォルダ名は自由なので、ご自身で分かりやすい名前をつけてください。

次に、AndroidタブレットでSynthesiaの設定を続けます。

[Setting] – [Songs]の画面から、

[ + ]ボタンをタップします。

ここからインポートするMIDIファイルが入っているフォルダを指定することができます。

今回の例では、[Internal Storage] (内部ストレージのことです)をタップして、先程作成した[Synthesia]フォルダをタップします。インポートしたいフォルダまで開けたら、右上の[Add]ボタンをタップしてください。

MIDIファイル自体の作成の仕方などは以下も参考にしてみてください。

光ナビゲーションキーボードとSynthesiaを使ってどのようにピアノ練習を進めるかについては、以下の記事をご覧ください。

CASIO(カシオ)
¥23,500(2019/11/17 05:41:25時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました