外出時や移動時に0SIMでモバイルトレードはできるのか実際にやってみた!

外出時や移動時に0SIMでモバイルトレードはできるのか実際にやってみた!

huawei-p10-lite-0sim-1

株のトレードはできるだけパソコンでやるようにしていますが、外出時に0SIMスマートフォンでモバイルトレードが問題なくできるか試してみました。

0SIM + HUAWEI P10 Lite + GMOクリック証券 株roidでモバイルトレード!

0SIMは月にデータ通信500MBまでは無料で使える破格の格安SIMですが、通信速度が遅く、スムーズにモバイルトレードができるか心配でした。

今日は、たまたま外出予定で、しかも株を売却しておきたいトレードがあったので、0SIMで挑戦してみました。

証券会社はGMOクリック証券で、株roidというAndroid用のアプリを使いました。

車で移動したり、山奥で電波が弱かったりして、無理そうかな~と使ってみると、意外にも問題なくトレードできました。

株roidの板情報やチャートも表示されていましたし、株の売却も無事にできました。

午前中2時間ぐらいちょくちょく株roidを見てタイミングを見計らって、売却することができたので満足のトレードです。

この日の株roidのデータの通信量はたったの2MBでした。

株roidの通信はほぼテキストの情報だけですから、0SIMでも安定して取引ができたのかなと思います。

試しに、アプリではなく直接WEBからもアクセスしてトレードしてみましたが、そちらも問題ありませんでした。ただ、株roidよりも表示する情報が多い分、若干読み込みに時間がかかるときもありました。データの通信量も多くなるので、株roidを使う方がいいですね。

0SIMでいつでも安心してトレードできるとまでは言いきれませんし、メインのトレードに使うというのはお勧めしませんが、いざというときは0SIMでモバイルトレードもそれなりに使えるということが分かりました。

使っているスマフォはHUAWEI P10 Liteです。前に使い心地について書きましたが、トレードについては試せていなかったので、今回やってみて、さらに使えることが分かって良かったです。

HUAWEI P10 Lite [2017]を1ヶ月使ってみて改めてコスパの高さに驚いている
HUAWEI P10 Lite [2017]を1ヶ月使ってみて改めてコスパの高さに驚いている
先月、購入したAndroidスマフォ「HUAWEI P10 Lite」ですが、導入からベンチマークを測ったりしつつ使用して1ヶ月が経ちました...
スポンサーリンク

ここまで読んでくださりありがとうございます。お役に立ちましたらシェアお願い致します。

お気軽にフォローお願いします☺

外出時や移動時に0SIMでモバイルトレードはできるのか実際にやってみた!
この記事をお届けした
Curo.jpの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る